• ホーム
  • 効果を得るために正しく服用しよう!ゼニカルの正しい飲み方は?

効果を得るために正しく服用しよう!ゼニカルの正しい飲み方は?

2020年04月25日
ケーキを食べている女性

ゼニカルというダイエットピルは、肥満症治療薬です。日本では、肥満外来において肥満症と診断された人に処方される医薬品とされています。このダイエットピルを飲むことで、今食べた食事に含まれた脂肪の30%程度が吸収されずに排泄されます。脂溶性ビタミンなども同時に排泄されてしまうデメリットがあるために、水溶性ビタミンのサプリなどを服用することがセオリーとされています。

この医薬品には即効性があるため、個人輸入で取り寄せして服用している人も見られます。中には続けているけれど結果が全く現れないという人もいるようです。これは正しい飲み方をしていないということがわかります。ゼニカルの正しい服用法は、食事中や食後30分以内に1錠服用するというものです。食事毎に1日三回服用することが望ましいとされています。服用後30分以内に食事の中の脂肪分が便と一緒に排泄されます。トイレに通うことになりますので、自分のタイミングに合わせて服用することが肝心です。少しでも脂肪分の吸収をカットできるのであれば、少しずつではありますが体に蓄積される脂肪を減らせますので、緩やかに痩せていくことができます。

正しく服用することで、強い便意や下痢、便失禁というような症状が出ます。これは正しい効能の一つなのですが、あまり良い状態ではありませんので、薬が効きすぎているとか副作用ではないかと疑ってしまうこともあるようです。正しい服用をしているにもかかわらず、薬の効能を理解できないという人も見られます。

また、ゼニカルは完全に蓄積された脂肪にはアクセスすることができません。食べた直後の吸収される前の脂肪を排泄する働きのみに特化しています。そのため脂肪分がすくない食事をしている人は、効果を実感しにくい可能性があります。正しい飲み方をしているのに痩せないと感じる人もいるようです。食事制限をせずに痩せることができるという振れこみですが、カロリーオーバー以上の食事をしていれば、痩せることもできないので注意が必要です。

もし、ほんの一時の効果だとしても、強い便意や下痢、便失禁というつらい症状が苦手という場合はゼニカルではなくジェネリック医薬品のオベリットを使用することも一案です。オベリットは主成分のオルリスタットの含有量が60mgとオリジナル薬の半量です。オルリスタットの量が半分であれば、効果も穏やかですのでこちらの医薬品を服用してみることも一案です。