ダイエットをしたい女性
お腹の脂肪を気にする女性

ダイエットには苦しい食事制限がつきものとよく言われます。中には食事制限にとらわれすぎて摂食障害などの心の病気を併発してしまうこともあるようです。誤ったダイエット知識を払拭するためには、食べながら痩せる方法が一番です。ダイエットピルのゼニカルで食事制限なしの安心できるダイエットを行いましょう。ここではダイエットの方法やデメリット面などを詳しくまとめました。ダイエット用の薬が気になっているという人は必見です。

ダイエットの薬で痩せる方法を紹介

ダイエットピルのゼニカルという医薬品があります。日本でも肥満外来がある病院などで処方してもらうことができます。この薬は、食事と一緒に服用するだけで体に吸収される脂肪の30%相当分を体外に排泄させるという働きがあります。

ダイエットの方法は食事の途中または食後30分以内に1錠を服用するだけです。服用後30分以内に薬の効果が表れ始め、2時間後には代謝され効果は切れます。1日3食、食事ごとに服用するだけで緩やかなペースで痩せることができます。これがあればおいしいものを食べたい分だけ食べながら、ストレスなく痩せられるメリットが生まれます。

食べることがすべてという人もいるはずです。おいしいものを食べられなくなったら人生が変わると思っている人もいるかもしれません。ダイエットピルはこのような気持ちを尊重しながら無理なく体重減少へと導いてくれます。

先に肥満外来で処方してもらえる医薬品であることを紹介しましたが、ゼニカルを病院で処方してもらうには肥満症という病気であると診断されなければいけません。ダイエット目的での安易な処方はしません。もしダイエットピルを使いたいという場合は、自己責任においてゼニカルを通販で買うこともできるので、海外医薬品の個人輸入通販サイトを利用しましょう。1ヶ月分1万円程度で購入することができます。効果に不安があるダイエットサプリを購入し続けるよりも安価にダイエットができるのではないでしょうか。

ゼニカルは先発医薬品で高額なデメリットがあります。ジェネリック医薬品も世界各国からいくつもの医薬品が販売されているようです。安価でダイエットを続けたいという人はジェネリックを購入することも一案です。こちらの場合も、海外医薬品の個人輸入通販サイトを利用することができるのでお試し購入してみることもよいでしょう。

海外の医薬品を購入することに抵抗があるという人も見られますが、日本で処方される医薬品は海外で製造されたものを日本に輸入し日本向けにパッケージングされているものもあります。中身は同等品である場合がほとんどですので、安心して購入してください。

ゼニカルダイエットのデメリットとは

食事中や食後すぐに1錠飲むだけで30分以内に効果が表れるというダイエットピルのゼニカル。食事制限なしで体に吸収される脂肪が30%カットできるので、緩やかに痩せられるというメリットがあります。このような説明をいろいろな場所で目にしますが、どのような効果が表れるのかわからないという声も多く寄せられています。

ゼニカルを1錠飲むと、体内で溶解するとともに脂肪分が吸収されないよう胃腸がコーティングされます。それによって、脂肪分だけが水分や便とともに排泄されるのです。ポイントとしては30分以内に効果が表れ、2時間程度で薬の成分が代謝されるといったところに注目すべきです。

食事の中の脂肪だけが分解する前に排泄されるため、おなかが緩くなることが多いようです。薬の高kが切れるまでは何度もトイレに駆け込んでしまうこともあり、中にはつらくて続けられないと考える人もいます。このほか、体に吸収されない油分が意図しないタイミングで排泄されることがあります。下着や衣服を汚してしまうため、ゼニカルを使う場合にはおしりをカバーできるナプキンを当てておくべきというアドバイスもあるほどです。

このほか副作用として、放屁が増えることがあげられます。水分なども一緒に排泄されますのでビタミン不足になることも考えられます。長期的に服用を検討する場合は、ビタミン剤やミネラルサプリなどを併用すべきでしょう。

このようなデメリットがあるため、服用は夜だけにしたいと考える人や、主成分の容量が半分のジェネリック薬・オベリットを利用するという選択も見られます。主成分の容量が半分なので効き目も穏やかというメリットを優先させる方法も一案でしょう。もちろん、薬は飲まないという選択もできますし、もう少し続けたいという場合は服用量や薬の種類の選択もできます。副作用などのデメリットがみられるようになった場合、体調と相談しながらダイエットを続けていくことが大切です。

危険な医薬品ではなく、アメリカの食品医薬品局で承認を受けたお薬です。用法や用量さえ守れば不安に思うことなく服用することが可能です。様子を見ながら服薬をしましょう。